遺伝子解析サービス

ジェノタイピング解析

ファイセルのラボにて、お客様のサンプルをリアルタイムPCR等によりジェノタイピング解析します。 ヒトの主要な薬物代謝酵素であるシトクロムP450(CYP)を対象としており、主にCYP1A2、CYP2C9、CYP2C19、CYP2D6遺伝子の各多型の解析を実施していますが、ご希望のSNP解析にも対応可能です。

ご利用シーン

ファーマコゲノミクス(PGx*)を取り入れた治験に。
医療現場での投薬方針の決定に。
解析系の立ち上げが困難なときに。
*PGx(ゲノム薬理学的研究):薬剤の有効性や安全性の検討に用いられる手法

サービスの流れ

1. 解析依頼内容等、ご要件の確認

専門性の高い担当者がご希望の解析内容等についてお聞きします。解析対象となるSNP情報等の確認が必要となる場合もあります。

2. お見積・契約締結(秘密保持契約を含む)

ご相談のうえ決定した仕様をもとにお見積りを行い、必要に応じて契約を締結します。解析計画書の作成等にも対応可能です。

3. 注文書と検体のご送付等

仕様に基づき、注文書とともに検体情報および検体をご送付ください。

4. 解析実施・報告書提出・納品等

ご依頼内容に基づいて解析を実施します。解析完了後は、解析報告書を作成して提出します。

ご注文に関する詳細

解析対象遺伝子

解析をご希望されるSNPの情報(dbSNP ID等)を確認します。dbSNP IDはNCBIのウェブサイト(NCBI SNP)で調べることができます。

検体条件

ゲノムDNA濃度は10ng/uL以上で調整してください(ヌクレアーゼフリー水に溶解してください)。濃度が条件を満たさない場合はご相談ください。
検体からのゲノムDNA抽出もご希望される場合は、オプションサービスをご利用ください。

解析結果

検体情報に対して、各dbSNP IDに対するジェノタイピング解析の結果を記載した報告書を作成し、提出します。

タモキシフェン治療(乳がん治療)を行う現場でも活用されています

薬の効き方には「個人差」があり、薬の効果が発揮される適量は人により異なります。遺伝子を調べることは、その「個人差」を知る手段の一つです。遺伝子でわかる体質に合わせて投与量を増やす、減らす、もしくは薬を変更する等の対応をとり、一人ひとりに合った医療を提供することを「テーラーメイド医療」といいます。

乳がん治療薬であるタモキシフェンは、一部の方に薬の効果が見られないことが報告されています。タモキシフェンはCYP2D6によって代謝され有効成分に変換されますが、CYP2D6には遺伝子タイプのバリエーションが多く、代謝機能が低いもしくは全く持っていない遺伝子タイプ等があること、そして遺伝子タイプによってはタモキシフェンの効果を得にくいことがいくつかの試験で報告されています。

ファイセルでは、CYP2D6の遺伝子タイプを解析することにより、乳がんでタモキシフェン治療を受ける患者様において投薬方針の参考となるサービスを提供しています。

実施医療機関

提携のクリニックにて解析を受けることが可能です。担当医師に、本解析を受けることをご相談ください。

解析を実施するための検体採取は、頬の内側を綿棒でこするだけで痛みもなく数十秒で終了します。結果は、1~2カ月後に各クリニック経由で報告されます。

解析対象遺伝子

CYP2D6 *5, *10, *14, *18, cnv

ジェノタイピング解析に関してお困りのときは、まずはお気軽にお問い合わせください。


よくあるご質問

遺伝子解析はどこで実施するのですか?

ファイセルの自社ラボにて実施します。