IT サービス


Cellaph Biorepository

クラウド3D検体情報管理ウェブアプリ「Cellaph(セラフ)」はファイセルが自社開発した検体管理システムです。実際に保管庫にアクセスせずに、たとえ遠隔地からであってもブラウザから試料・検体・細胞等の保管状況を確認できる、日本初(*)のシステムです。 (*2019年11月時点。ファイセル調べ)

3D技術を導入したことで、より直感的な状況把握ができるようになり、保管庫扉の開閉時間を最小限に抑えるなど、保管品質の向上に役立ちます。また、施設の管理者や監査する立場からみても、入出庫の履歴や保管場所だけでなく、設定変更なども監査証跡として記録されますので、客観的にも価値を持つ情報管理システムです。

特長

セキュリティとユーザビリティを兼ね備えた、より精度の高い情報管理を可能とするウェブアプリです。

手軽に利用可能

インターネット環境があればリモートで操作が可能である、SaaS型ウェブサービスです。

導入が容易

初期費用やメインテナンスの負担を抑えるサブスクリプションモデルです。

高セキュリティ、21 CFR Part 11に対応


  • 2段階認証・デバイス認証、役割ベース認可、アクティビティログによるトレーサビリティを実装しています。
  • 大規模災害・障害発生時のデータ損失を防ぐ地理冗長化、保存データは暗号化されていますを構成しています。
  • 様々なコンプライアンスに対応したクラウドプラットフォームを採用しています。

コンピューター システム バリデーション

保管業務の実績のある保管管理部門と一体でコンピューター システム バリデーションを実施済です。

主な機能

  • 保管状況管理
  • 保管物の位置情報管理
  • 保管物のステータス管理
  • プロジェクト管理
  • 各種アラート管理
  • 保管容器メインテナンス情報管理
  • 利用者アクセス権制御
  • 温度・湿度管理
  • 保管場所予約

開発動機

検体保管の現場では、保管する件数が増えるごとに保管庫の状況の把握が困難になります。取違えの防止、保管庫内の温度の維持、記録の管理等の課題を解決し保管精度を維持するために、専用のシステムが必要不可欠です。

ファイセルは、これまで培ってきた試料・検体・細胞等の保管管理のノウハウをもとに、より精度の高い情報管理と保管現場のユーザビリティの両立を目的として専用システムを開発しました。


Cellaph Customer View

ファイセルに検体保管を委託頂くお客様向けのシステムです。

お客様にオンデマンドで保管状況をご確認頂き、そのまま作業指示して頂けるクラウドサービスであり、現在開発中です。


Cellaph Logistics

ファイセルに検体保管を委託頂くお客様向けのシステムです。

保管物の温度履歴や移動経路など、物流を一気通貫でトレースできるクラウドサービスです。細胞のアクティブな流通や、重要な検体のリアルタイム追跡を求めるシーンでご活用頂けるシステムを計画中です。


使用シーンで選べるCellaphシリーズ

Cellaph Biorepository

提供中

  • 研究者、検体管理者向け。
  • 自社施設での検体管理に。
  • 複数拠点の検体情報を一元管理も可能。

Cellaph Customer View

開発中

  • 研究者、検体管理者向け。
  • 外部委託した検体管理に。
  • 検体をファイセルに外部委託しても手元と同じように管理可能。

Cellaph Logistics

計画中

  • 物流業者、医療機関向け。
  • 細胞製剤の物流状態を一元管理。
  • 一時保管や出荷依頼など業務の効率化を実現。

地理冗長化を含めた6重バックアップ、登録されたユーザーの権限管理、監査証跡や操作履歴の保存などの機能はCellaphシリーズ共通なので、クラウドサービスのメリットを最大限に生かすことができます。